確定拠出年金、資産運用などのご相談なら当事務所へ

ファイナンシャルプランナー 前田 菜緒

マネーオンラインスクール

2019.01.18 

マネーオンラインスクール

「貯蓄力がつく」マネーオンラインスクール開講のお知らせ

 

家計や老後の不安は誰でもなくせる”貯蓄を今より増やしたい人”限定

貯蓄力がつくマネーオンラインスクール

 

 

このスクールは

 

✔︎今より貯蓄を確実に増やしたい方

 

✔︎銀行にお金を預けていても増えないから、他の方法を知りたい方


✔︎老後資金や教育費、貯蓄しているけど、もっと増やす方法を知りたい方


✔︎投資信託を購入したことはあるけど、どの投資信託を購入すべきか知りたい方


✔︎大損するような資産運用をしたくない方


✔︎ 資産運用に少し興味はあるけど、損するから怖い、難しくてよく分からないと思っている方


✔︎iDeCoやNISA、聞いたことはあるけど、そもそもどんな制度かよく分からない方

 

という方向けに、貯蓄力を身につけることを目的とした講座です。

 

 

 

貯蓄力がつくマネーオンラインスクールの内容

回数 題 名 内   容
1回目 ねんきん定期便で必要な老後資金を見積もろう!

ねんきん定期便を使って、自分の老後資金を計算します。少子高齢化の現代社会において、国の年金だけで生活することは、実際、無理な話です。
国の年金に頼ることはできません。自分で年金をつくる必要があるのです。

 

自分で年金をつくるとはどういうことか、つくり方や増やし方の基礎を自分のねんきん定期便を用いて考えます。老後不安をなくすには、自分自身の年金額や老後の不足額を知ることが大前提。これを知るだけで老後不安に対する解決策が見えてくるのです。

2回目 お得に貯蓄!年金保険・NISA・iDeCo

知ると生活にかなり役立つ税金について考える回です。
税金のことを知ることで、どのような制度を利用して資産形成すれば良いのかを考えます。

 

税金の制度は複雑ですから、考えることを避けてしまいがちですが、税金家計管理を上手に行っていく上で、税金の知識は欠かせません。また、節税の効果は、想像以上に大きく、光熱費を節約するよりも効果的です。

 

税金の基礎の基礎を知れば、上手に税金を節約できます。税金の仕組みと使える節税制度をわかりやすくお伝えします。

3回目 iDeCo(イデコ)の始め方と資産形成の基礎知識

加入者が100万人を突破したiDeCo(イデコ)。
老後の資産形成手段として注目が集まっているものの、制度がやや難関で投資の知識も必要です。

 

この回では、iDeCoとはどのような制度か、iDeCoを始めるにあたって、どこの金融機関を選択すれば良いのか。始め方から資産形成の考え方やコツまでをお伝えします。

4回目 ポートフォリオの組み方とメンテナンスの仕方

実際に資産運用をするにあたり、必ず直面する「どの金融商品を選べば良いの?」を解決する回です。
数十から数百ある商品の中から、自分にぴったりな運用商品を見つけるのは至難の技です。

 

自分が納得できる商品の選び方や、効果的な商品の組み合わせ方を実際の商品を例にとって、実践的に投資の基礎を学びます。

5回目 守るお金の考え方 万が一の時の国の仕組み

社会保障などの国の制度が自分の生活にどう関係しているのかを考える回です。

 

病気やケガ、万一のことがあった場合、国の保障はどうなっているのか、また、家計にあたえる影響は、どのようなのものか。私たちは、リスクに対して、どのように何を準備すべきかなのか。
万一のケースの家計について考えます。保険の見直しにも役立つ内容となっています。

 

この講座のウリは、好きな講座だけ選んで受講できることです。

 

5講座受講しても1講座のみでもかまいません。どの講座も1回完結型なので、どの回から出席しても問題ありません。

 

 

オンラインスクールを受講すると

 

✔︎家計管理の視点が変わり、効果のある貯蓄法を実践できるようになります

 

✔︎今まで知らなかった貯蓄方法があることを知ります


✔︎家計管理が楽になり、実践的なお金の知識が身につきます。


✔︎家計管理がレベルアップし、貯蓄が増えていくことを実感できます。


✔︎ 資産運用に対する見方が変わり、自分でもできると確信します


✔︎iDeCoもNISAも疑問がクリアになり、即実行できるようになります。 


✔︎ 老後資金や教育費に不足・不満がない家計へと変化します。

 

 

★これからの人生、いくらお金が必要かご存知ですか?

 

年齢や家族構成など、人によって大きく異なりますが、

 

・自分の老後

・子どもの教育費

 

これだけでも家1軒〜3軒分の金額になります。

 

もし、今からその準備をはじめないと、

 

たとえば老後を迎えた時、老後貧乏が現実となります。

 

1,000円の出費にビクビク。

子どもに援助してもらう

病気や介護状態になったら、ほぼ生活破綻

 

という現実。

 

70歳まで働き、90歳で死ぬとしても、

20年間という長い老後生活。

 

この老後生活を裕福ではないにしても、

 

満足な生活になるか、

カツカツ生活になるかは、

現役時代の今、どうやって準備するかにかかっています。

 

だから、「今」から始めることが大切なのですね。

 

このマネーオンラインスクールでは、

 

長生きに備えるためのお金の知識が身につき、資産を増やす実践的な方法を学びます。

 

受講者の声

 

・自分の年金がいくらくらいあるのか知りたくて参加しました。その解答をまさに得ることができ、参加してよかったと思いました。

 

・年金は、難しいというイメージがあったのですが、この講座はとても分かりやすかったです。

 

・年金の知識はほとんどありませんでしたが、よく理解できました。ほかの講座も参加したいと思います。

 

・想像していたより年金が多く、不安感が和らぎました。

 

 

オンラインスクールスケジュール


毎月第3水曜日に開催します。
午前と夜にそれぞれ同じ内容の講座を行いますので、ご都合が良い時間に出席してください。

 

午前の部:10時から12時
夜の部:21時半から23時半


2019年日程


3月13日 第1回「 ねんきん定期便で必要な老後資金を見積もろう!」
4月17日  第2回「お得に貯蓄!年金保険・NISA・iDeCo」
5月15日 第3回「iDeCo(イデコ)の始め方と資産形成の基礎知識」
6月19日 第4回「ポートフォリオの組み方とメンテナンスの仕方」
7月17日 第5回「守るお金の考え方 万が一の時の国の仕組み」


8月21日 第1回「 ねんきん定期便で必要な老後資金を見積もろう!」
9月18日 第2回「お得に貯蓄!年金保険・NISA・iDeCo」
10月16日 第3回「iDeCo(イデコ)の始め方と資産形成の基礎知識」
11月20日 第4回「ポートフォリオの組み方とメンテナンスの仕方」
12月18日 第5回「守るお金の考え方 万が一の時の国の仕組み」

 

 

料 金

 

1講座2,160円 複数の講座を受講する場合は、講座数×2,160円となります。

お支払いは、paypay、銀行振込、クレジットカード払いとなります。

 

  • paypay

お申し込み後、QRコードを送付いたします。申込時にpaypayでお支払いとなることをお伝えください。

 

 

  • 銀行振込
振込先銀行 三菱東京UFJ銀行 渋谷支店
口座番号 普通  0070799
口座名義 前田菜緒(マエダナオ)

 

 

  • クレジットカード

1講座2,160円分のお支払いになります。

複数講座分をまとめてお支払いを希望される場合は、ご連絡いただければ対応いたします。

 

 

お申し込み方法

 

お申込みはこちらから

 

お問い合わせ内容欄に

・「マネーオンラインスクール申込み 」と入力
・受講希望講座、受講希望日、受講希望時間

 

をご入力の上、送信してください。

 

Zoomを利用します

オンラインスクールでは、Zoomというビデオ会議システムを利用します。

Zoomは会員登録など不要で、指定のアドレスにアクセスするだけでビデオ会議に参加できます。 スマホやタブレットでも、参加可能ですが、アプリのインストールが必要となります。

 

 

よくある質問

 

Q、申込みをした後に、申し込んだ講座とは別の講座に受講を変更できますか?
A、はい、可能です。変更希望の講座と受講希望開催日、および時間をお知らせください。

 

 

Q、申込みをした後に、受講時間の変更はできますか?
A、はい、可能です。講座開講日の前日までに変更となることをお知らせください。

 

 

Q、複数講座受講を希望しますが、割引制度はありますか?
A、申し訳ございません。割引制度はございません。

 

 

Q、もし、参加できなかった場合、動画対応などありますか?
A、申し訳ございません。動画は現在検討中ですが、今の所、対応しておりません。

 

 

キャンセル料について

  • キャンセル料について

  開講日2日前まではキャンセル料は不要です。
  開講日1日前 受講料の50%
  開講日当日 受講料の100%

 

  • 日時変更について

開講日以前にご連絡いただいた変更には料金等発生いたしません。
開講日当日の変更連絡は受講料の50%をいただきます。